美容皮膚科に行こう|小顔になって見返そう

メスを使わない整形

ビフォーアフター

体に負担の少ない治療

整形の中でも、美容皮膚科はメスを使わない治療を主としています。そのため本格的な整形より比較的料金も安く、施術時間も短くダウンタイムもほとんどない治療が行われます。美容皮膚科で受けられる治療には、ヒアルロン酸やボトックスなどを注射する方法があります。これは薬液を注射するだけで、様々な効果が生まれます。顔のシミやシワ、たるみを目立たなくしたり肌の若返り効果もあります。またニキビ跡を目立たなくしたり毛穴の開きを改善したりします。ヒアルロン酸注射は鼻整形にも使われ、鼻筋を高くしたりアゴの形を整えたりします。また最近若い女性の間では、目の下に大きな涙袋をつくることが人気になっています。この涙袋もヒアルロン酸注射で簡単につくることができます。また、ボトックス注射は筋肉の収縮を弱めることで顔に張り出したエラを小さくすることができます。そして、わきがの臭いに悩んでいる人は、脇の下にボトックス注射をすることで発汗の機能を弱めることができるのです。このような注射療法は幅広い年代の女性に人気の治療ですが、持続力が弱いため定期的に治療を行うことが必要です。

アンチエイジングに効果的

レーザー照射も美容皮膚科でよく行われる治療です。レーザーの熱で患部に軽いやけどを起こさせ強制的にコラーゲンを合成させる治療です。これは皮膚の新陳代謝を活発にしてシミ、シワ、たるみなどを改善します。レーザー照射は機械も様々な種類があり、症状などによって使い分けられています。ピーリングは、顔に薬液を塗布して軽いやけどを起こさせ新陳代謝を促す治療法です。これも老化による肌のダメージを回復させる働きがあります。ニキビやニキビ跡の治療にはレーザーやピーリングを併用することもあります。また医療用の特殊な糸を皮膚組織に挿入して、ほうれい線などのたるみを改善する手術も美容皮膚科で人気です。以前は顔のたるみはメスを使い余分な皮膚を切り取ったりして引っ張り上げる方法が主流でした。糸を挿入する手術は簡単で痛みもほとんどありません。糸の周りにコラーゲンが合成されるので美肌効果も生まれます。糸の本数がふえるほど効果もあがり、挿入する場所によっても効果が違ってきます。そのため医師の技術なども必要な治療となります。